■肌を30歳若返らせる方法 ■老衰気味の「ニャンコ先生」

  • 2018.09.16 Sunday
  • 23:47

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

9月16日(日曜日)の曇りの宇田川の河口に降りて水鳥達にエサやり。
 川鵜が0羽。ウミネコが80数羽。ハトが0羽、トンビが2羽

 ウミネコ達のエサやり時に、最近はウミネコのヒナちゃんが、私の真ん前に鎮座しはじめました。今年生まれかもですが、たまに手からにエサを食べるほど私に慣れてきています。
 トンビの母子も私のすぐ頭上を小さく旋回してエサの催促を。
 ふと横を見ると、老衰気味の「ニャンコ先生」も、控えめですが ちゃっかり待機中。魚の切れ端を2個投げてやりました。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---肌を30歳若返らせる方法---
 私の肌は推定30代?ですが、同年代の方の皮膚(腕や顔)を見ると、その肌の老化にビックリします。
 「肌を美肌にして30歳若返らせる方法」ですが、もちろん食事対策もありますが、最大の効果があるのは「運動」です。
 今回は「肌を若返らせる運動方法」の説明です。

 結論から言いますと、海外の実験では
  ★「週2回、30分の運動(中程度の強度)」を3カ月で、約30歳の肌の若返り効果
 が得られています。 

 運動で筋肉を使うと、若返りホルモン(成長ホルモン)が多く分泌され、肌の若返りが起こります。
 運動効果で、血行が促進され、新陳代謝が活発になり肌が再生されて「シミやくすみやクマ」を解消して美肌へ変身。
 運動の継続で、顔のシワやたるみ、二重アゴ、ほうれい線なども改善されます。
 もちろん、食事内容が悪いと効果はなくなります。

 その具体的な運動内容ですが、私の場合は朝の始動時
  複合スクワットを10回(約1分)
  体幹トレーニングのプランク1回(約1分)
   ★プランクとは、両ヒジで受ける腕立て伏せの姿勢を1分程度じっと保持するだけです。
  首と肩のストレッチ(約1分)
 そのあと外出して
  複合ウォーキング(約10分)
 が日々の運動です。雨の日はウォーキングは中止です。
 なお、2〜3日に一度はウォーキングの代わりに、ヤギ餌採取&エサやり(3時間半程度)を実施しています。


高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

■余命30年の宣告 ■また空き家が

  • 2018.09.15 Saturday
  • 19:15

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

9月15日(土曜日)の小雨のち曇り時々晴れの宇田川の河口に降りて水鳥達にエサやり。
 川鵜が0羽。ウミネコが70数羽。ハトが2羽、トンビが2羽

 朝の雨をスルーして、午前中から昼過ぎまで4時間ほどかけてヤギ餌採取とエサやり。気温は30℃まで急上昇して、久しぶりに汗ダクダク。
 淀江漁港で船を眺めてホッコリ。さらに今津の浜(妻木川の河口)で、ウミネコ達にプチ餌やりでホッコリ。

 帰路のヤギ達4頭のエサやり。3か所に離れていて時間がかかります(涙)
 小屋の屋根でくつろぐユキちゃん(1歳半のメスヤギ)。私の姿を見ると慌てて飛び降りて「メーメー」。
 大量の雑草・雑木とは別個に、栄養補給のタンパク質源エサを与えるると「ポリポリ」とかみ砕きながらおいしそうに食べてました。まだ小柄ですが、この11月末には「種ツケ」が予定されているので、もっと成長してほしい。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---余命30年の宣告---
 海岸の防風林そばに、二階建ての古い民家がポツンと1軒だけ。
 ヤギ達の臨時の放牧地のそばなので、住人の80歳ほどのご老人(男性)とは良く顔を合わせていました。ところがここ1年ほど姿を見せなくなり、心配していました。
 そしてとうとう今日、トラック2台と車数台、ご家族やかたづけ&引越し業者の方たちが多数。施設に入られたのか亡くなられたのか不明ですが、とうとう1軒しかない民家の住人がいなくなり、淀江海岸付近の治安が少しヤバクなりそうです(汗)。

 私のまわりの知り合いは大半が70代以上という状況で、私が一番若い??。
 こういう状況ですから、「私自身の余命」が心配になります。

 まっ、いろんな健康法の実施と、日々の汗ダクダクでのヤギ餌採取や強化ウォーキングなどの状況と、肌年齢30代後半から推察すると
 「私の余命は30年」前後 と見ました。
 ガンや難病をクリアしても、認知症でボケるのが寿命面ではコワイですね。
 私の場合は、金欠のストレスで入水or七輪テント するかもで、実際の余命は1年から30年の広範囲ですね(汗)


高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。