★ハトがエロイことしてる〜 ディープキッスから腰振り(汗)

  • 2017.04.30 Sunday
  • 23:22

 

 

 >ハトがエロイことしてる〜 ディープキッスから腰振り(汗)

 

 夕闇が迫るころ、お腹いっぱいになったハト達の大半は引き揚げて閑散。私は近所の方と雑談中

 ところがなぜか、私のそば2mで、熱烈求愛中の2羽のハト(汗)。
 何度も何度も求愛するオス。そして、なぜか少し避けるメス。本当にキライならすぐに飛び去るハズなので「脈アリ?」。何十回ものチョビ避けるという動作の後に、突然「メスからオスへの熱烈キッス」。人間でいえば「ディープキッス」をなんと数分も(汗〜〜〜)。そして背中に飛び乗ろうとするオスと、また避けるメス。


 「熱烈な長時間のディープキッス⇒ 背中に飛び乗ろうとするオスと、避けるメス
 このセットの繰り返しが数回。そして、突如、オスを受け入れてしゃがみこむメス。オスが飛び乗り、数秒のヘコヘコ。

 そして、この儀式があと数回(汗)。1時間近くも、私の真横1mで繰り広げられた鳩の実録・求愛ドラマ・・
 しかも、3組が私の周りに集まり「求愛ドラマ中」というオマケ付きで(汗) 私は「仲人か!!

 

 

 

 

 

 コールデンウィーク二日目の昨日4月30日。晴れの夕方、河口におりてエサやり開始〜

 河原ではウーちゃん(川鵜)など川鵜2羽コフ白鳥のつがい、ハト&スズメたちが「私を待って右往左往中」。という、いつもの夕方のエサやり風景でした。 ウミネコ達はとうとう 0羽。河口に数羽いるものの、こちらには来ません。

 

 

 

 川鵜にエサやりしてると、母トンビが襲来したので、トンビにも魚を進呈。この母トンビはかなり人慣れ(私に)していて、数年前に、あの巨体で私の右手に飛び乗り、手の魚を食べてゆきました(ゾッとするキョーフの体験 汗〜)。

 

 

 

 浜辺の小屋の登クン(木登りヤギ)、30分ほどだけですが、6カ月ぶりの初のプチ放牧(ナイショ)。雑草をたらふく食べて飛び跳ねてました。

 

 

 

 

 関連ブログ⇒ じげ風呂「コブ白鳥姫と7羽の川鵜/淀江 夢の国

 

 

 

 

 

 

***** ⇒ ★夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ *****

 

◆カンパ企画 「愛犬の首筋に歯を立て  第1章 過去へ」/歴史冒険ファンタジー・電子小説

-------------------------------------------------------

コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、時間により、川鵜やカルガモも待機。
水鳥との癒され動画 ⇒ Udauda-Swan

 

 

 

実は、淀江〜大山町を舞台にした電子小説を書いてしまったのです〜
⇒ 電子書籍: マーヤとアラシ (邪馬台国の使者)

注) エサやりタイム⇒ 主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 日により [ お昼前後 ] もアリです。
★水鳥達の保護のため「鳥取県の河川使用許可」を得ています。

コメント
コメントする