"肥満とボケ(認知症)"を防ぐ「ロスマリン酸(シソ科)」

  • 2019.06.23 Sunday
  • 16:43

 

■楽勝ダイエット

 

 

 

 私が密かに期待していた薬草アシタバもどきの「ハマウド」。テンプラにしましたが、料理などしたこともなく散々な出来栄えに(汗)

 

 

 

 実は、シソ科植物(シソ、ローズマリー、レモンバームなど)に多く含まれるポリフェノールの「ロスマリン酸」は、筋肉でのエネルギー消費を増大させることでの肥満抑制効果が知られています。

 

 その「ロスマリン酸」が今、別の健康効果で一躍注目されています。

 

 それは「ロスマリン酸」によるボケ(認知症)を改善し防ぐ効果です。

 

 認知症で多数を占めるアルツハイマー病においては、脳内にアミロイドβ(Aβ)という物質が凝集することで神経細胞死などが生じ、記憶や認知力が低下する病気。

 シソ科植物に含まれるポリフェノール「ロスマリン酸」を摂取したマウスの脳内でドーパミンなどの神経伝達物質の濃度が上がり、それらがAβの凝集を抑制することが発見されました。


 脳内のドーパミンの減少は、老化やアルツハイマー病の進展とともに進行します。

 

 従来の認知症薬は、対症療法のため認知症を改善することができませんでしたが、シソ科植物の「ロスマリン酸」の薬品化が成功すれば、アルツハイマーなどのボケ(認知症)の進行抑止だけでなく、改善の可能性が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

■楽勝ダイエット  

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM