■高齢でも3カ月で髪が生えた ■ノウハウや手作り品を売ろう

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 20:56

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

1月16日(水曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、雨のち曇り

 昼過ぎまで雨模様で気温も7℃と低く、ヤギ餌採取は中止。久しぶりの体の休養日です。とはいえ、終日のネットのお仕事でけどね(汗)

 今週はなんとか天候が持ちそうですが、来週は雨予報。ヤギ達4頭の命を預かってしまったのでチョビストレスがかかる日々が続きます。
 それと、4月からは町内会の班長と★★委員を依頼されてしまい(汗)、こちらもストレスが(汗)




◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---高齢でも、3カ月で髪が生えた---

 自分の体(商材?)を使った体験治療型のコンテンツ作りに邁進中です。
 
 今は、「高齢者でも3カ月で髪が生えた!! お金をかけずに」という発毛体験コンテンツを電子書籍化中で、あと1週間ほどかかりそうです(汗)。

 M字ハゲからさらに進展した頭頂部から額までの薄毛に関しては、女性と男性では少し原因が異なりますが、基本的には「皮膚(髪も)の再生に尽きます。

 現状で商用化されている発毛対策は、効果は低いのですが
養毛剤や養毛シャンプー
 効果が少ないのに、毎月の高額出費が死ぬまで続きます(汗)
成長ホルモンの注射
 高額の施術費用が死ぬまで続く上に「発ガン」の代償の危険がありますね。


 私の発毛対策は、世界中の文献や成果データーをググリまとめて、体の内と外からの両面からの対策と、血行改善やストレス対策を施して万全を期しました。基本は「お金をかけない」というポリシーです。

 実は、本当に生えるとは思っていなかったのでビックリしています。3カ月たった今も順調に生え続けているので、顔が毛むくじゃらになるのではと心配も(ソコまではない?)

 下記の写真を見れば一目瞭然ですが、髪の数が全然違いますね。しかも黒髪が生えてきました。知り合いからも「教えろ〜」と迫られて(汗)

 

 

  途中経過としては
 1カ月間は目立った変化はナシ
◆1カ月半ころから黒髪がポツポツと生え始めました
 2カ月半〜3カ月後には、M字ハゲが解消し、中央部にも髪が復活。

 このあとも、1カ月経過ごとに状況や写真をレポート予定にしています。


 並行して、過去に自己治療に成功した「3カ月でメタボ脱出ダイエット」や「3カ月で糖尿病(高脂血症)脱出」、脳梗塞などの脱出体験を電子書籍化予定です。
 別途、ライフワークの「三つの末期ガン対策」や「100歳でピンピン」も。

 こういう電子書籍を効果的に売る方法は
〕名人になる
⇒料広告(グーグルなど)
アフィリエイトで売る
 の3手法が定番ですが、私には,鉢△魯爛で(汗)。

 当面は「note ノート」に投稿して有料コンテンツを増やしながら、細々と販売してゆくという方法ですね(汗)
 ★手作り品やノウハウ、小説や写真などを売りたい人は⇒ ■“消耗せずに稼げる”副業ベスト8



高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする