■5分で"ボケ"防止 ■春まで私が飼い主(ヤギ4頭)

  • 2019.01.10 Thursday
  • 20:13

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

1月10日(木曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、曇り一時小雨

 気温7℃と寒冷ですが、風が2mと弱く寒さは感じません。

 今日もヤギ餌採取に出動ですが、帰路にヤギの飼い主さんの関係者の方が来られて「あと数カ月は入院」とのお話しがあり・・
 私より2廻り近いご高齢で、数カ月の入院生活となると復帰されても足の筋肉の問題で、年内はヤギの面倒は無理かも。状況次第ではヤギ達の譲渡先の話も。

 ボランティアとはいえ、春までは私が4頭のヤギの命をあずかることになり、放牧で孤独だったユキちゃん(1歳半のメスヤギ)を連れて、他のメス2頭と合流させました。この場所は小屋が4個あり、ユキちゃんは以前住んでいた小屋住まいにもどり、短すぎたロープも3.5mほどに伸ばしました。
 明日は、海辺の防風林そばの登クン(2歳半のオスヤギ)の長いロープの調達です。

 実は5月はじめ(ゴールデンウィーク直後)に、一斉に赤ちゃんが誕生予定で(汗)

 私の姿を見ると集団で飛来するウネコ達、水面ではカルガモ5羽と川鵜4羽が様子見しています。
 川鵜達の中から、派手な白い婚姻色のクロちゃん?が護岸道路に飛び上がって来て、手からのエサやりです。

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---5分で"ボケ"防止---

 どんどん伸びてゆく日本人の平均寿命。でも、要介護などになり外出が制約される健康寿命は70歳前半のまま
 つまり、健康寿命を延ばさない限りは、要介護での寝たきり年数が増えるだけという(汗)

 その要介護になる重大な原因のひとつはボケ(認知症)

 「最近、ボケた?かも」のアナタ、「ボケたくない」、「頭がよくなりたい」アナタ。
 ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で「脳細胞が増加して認知機能や視力が改善」されるの、知ってました?

 米イリノイ大学の解析では、少し早め目のウォーキングなどの「有酸素運動は脳機能の低下を防ぎ、脳を若く保つ」。
 また「一日たった"5分間のジョギング"」を追加するだけで、死亡率を約40%低下させ、3年の寿命延長効果があるとの事です。

 また、適度な「有酸素運動」は脳機能を維持するだけでなく
★視力後退を予防
★うつ病を改善
★心臓の機能回復
 と、脳と体にいいことばかりですね。



高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05

 運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする