■ふるさと納税"ピースワンコ"の闇 ■決死の「備蓄作戦」

  • 2018.12.23 Sunday
  • 21:38

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

12月23日(日曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、小雨

 高齢の飼い主さんの突然の入院で、ヤギ達4頭の命運を託されてしまったトリ仙人(汗)。
 今日明日が雨予報で弱っています。とりあえずは明日の雨の中断を見計らって、近場でヤギ餌採取を予定しています。

 さらに、26日から正月明けまでは大寒波(積雪も)と雨予報の連続で・・弱り目に祟り目。
 唯一の晴れ間の明後日のクリスマス25日は、決死の「備蓄作戦」を予定しています(汗)

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---ふるさと納税"ピースワンコ"、多額の使途不明金---

 長年、犬の殺処分頭数ワースト上位の不名誉県、広島県を救い、なんと2年連続で「殺処分0」を達成した原動力となった「ピースワンコ・ジャパン(NPO)」。
 ネット広告もスゴイ量ですね。

 世界や日本で、災害救助や難民支援活動に従事する「ピースウィング・ジャパン(NGO)」が日本国内に設立したのが「ピースワンコ・ジャパン(NPO)」。
 当初は災害救助犬の養成などが目的でしたが、広島県の神石高原町と連携しての"ふるさと納税"での大規模犬シェルター建設で、日本で最有力の動物愛護団体へと躍進。

 神石高原町のふるさと納税で5億円(年間)を調達し、有名人とのタッグで支援金も獲得。朝日などメディアの宣伝後押しもあり、年間収入11億円の巨大NPOに成長。

 その巨大NPO「ピースワンコ・ジャパン」に捜査のメスが入り、NPO代表や職員だけでなく、上部組織のNGO代表までもが、
 ★狂犬病予防法違反
 ★動物愛護管理条例違反
書類送検されるという不祥事が勃発。
 これは全国の多数の動物愛護団体の告発によるものです。

 さらに、問題となったのが、"3億円以上の巨額の使途不明金"。
11億円の収入のうち3億円以上が闇に消えた?(経営陣たちの秘密のフトコロ?)

 私自身は、ピースワンコの理想(犬を殺処分から救う)には賛同しています。ただ、殺処分0にこだわりすぎて無制限に犬を受け入れたために起こった犬への虐待と、不妊手術等は原則としてほとんどしない という点には大いに不満ですね。
 もちろん闇に消えた"ふるさと納税"の大金もですが。



高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05

 運動  快便

 長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする