■ガンより怖い? 抗がん剤 ■川鵜が抱卵・子育て中

  • 2018.12.21 Friday
  • 18:06

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

12月21日(金曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、晴れのち曇り

 12月後半なのに最高気温16℃で微風。ウィンドブレーカー着用だと汗ばむほどの陽気でした。

 昨日ですが、夕方の水鳥達へのエサやりに出撃。 なんとガードレールに飛び乗って私を待つウーちゃん(小柄な川鵜)の姿が。足に白い婚姻色がでていますから、抱卵・子育て中ですね。
 ウーちゃん(小柄な川鵜)登場は数カ月ぶりです。車が来て逃げたものの再度、護岸道路へ飛来。今度は手からのエサやりです。ウーちゃん、体のでかいオオセグロや上空のトンビを警戒しています。

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---ガンより怖い? 抗がん剤---

 最初の抗がん剤は"猛毒の化学兵器マスタードガス"から作られたのは有名ですね。

 つまり抗がん剤とは、ガンと人間(健全組織)を同時に猛攻撃して、どちらが生き残るかの"チキンレース"。
 体力と運のある人だけが生き残るサバイバルの世界で、30%弱程度の人に効果があり、残りは死亡という・・。

 抗がん剤治療では、かなりの人が脱毛(ハゲ)に見舞われます。抗がん剤の副作用で毛母細胞が破壊されて起こりますが、骨髄細胞、消化器系細胞も破壊されて、免疫力の喪失や吐き気などの重篤な副作用も見られます。

 アンケートでは、少なくない率のお医者様が、自分や身内には抗がん剤治療は拒否という結果が(汗)

 70歳以上の高齢者への抗がん剤は効果ナシ 苦しい副作用だけ
 政府と国立がん研究センターが、70歳以上の高齢のがん患者に対する抗がん剤治療について「肺がん、大腸ガン、乳がんには延命効果がナイ」とする調査結果をまとめた。肺がんでは、逆に抗がん剤治療で早死にとも。

 米国政府「抗がん剤は、打てば打つほど患者を死亡させる」
 米国などでは、抗がん剤治療をやめて、緩和ケアの充実と、患者の自己免疫力のアップへ、つまりガンとの共存へと方針転換。





高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする