■"虫の声"が聞こえるのは「日本人だけ」 ■オオセグロ急増

  • 2018.11.30 Friday
  • 01:06

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

11月29日(木曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、曇り一時晴れ

 雨の予報でしたが、雨は降らないのでヤギ餌採取に出撃。
 ヤギ達4頭にエサやり。食欲旺盛なヤギ達は食料袋に顔を突っ込んでムシャムシャ。

 宇田川の河口には、オオセグロカモメがイッキに15羽に増加。カルガモも15羽。ウミネコは100羽程度です。

 ここ1カ月ほどで見直した「食生活と運動」。体重(主に筋肉)が増えていて、あまりうれしくはないのですが、ガンじゃないということはわかりますね(汗)

ヤギ

ウミネコ




◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---"虫の声"が聞こえるのは「日本人だけ」---

 なんと、コオロギやセミの鳴き声を、虫の声として聞き分けられるのは世界でも日本人だけ。正確には日本人とポリネシア人だけという驚愕の事実が。

 欧米や中韓の人達には、虫の声はただの周辺の騒音(雑音)にしか聞こえないという。これは、虫の声だけでなく、風の音や波の音なども周辺の騒音(雑音)と合体して聞こえるというから不思議ですね。

 人間が音を聞く場合、左耳から聞いた音は右脳(音楽脳)へ伝達。右耳から聞いた音は左脳(知識脳)へ伝達。

 日本人以外(ポリネシア人も)の世界中の人達は
★虫の声だけでなく、風の音や波の音などを右脳(音楽脳)へ伝達。
 つまり意味のない騒音(雑音)として処理しているのですね。

 日本人(ポリネシア人も)は
★虫の声だけでなく、風の音や波の音などをへ左脳(知識脳)へ伝達。
 虫の声などを擬人化して、言葉として認識しているみたいですね。
 これは「擬音語や擬態語が発達した日本語」に原因があるそうで、日本で幼児教育をうけた外国人も、虫の声が聞こえるようになるそうです。

 それでも、"鳥の声"になると世界中の人が聞き分けられるそうです。

 日本に潜入した某国スパイや違法入国者を一瞬で見分ける方法にも使えるかもですね(汗)





高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする