■認知症と散歩(外出)の効果 ■淀江名物のウミネコ丼?

  • 2018.10.11 Thursday
  • 20:52

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

10月11日(木曜日)の曇り一時小雨の宇田川の河口で水鳥達にエサやり。
 川鵜が0羽。ウミネコが200数羽。ハトが0羽、カルガモが0羽。トンビが3羽

 ずっと小雨の天気でしたが、お昼からヤギ餌採取に出動。
 帰路の海岸でウミネコ軍団に取り囲まれてしまい、臨時のエサやり開始。
 手の平にエサを盛り、「淀江名物のウミネコ丼?」の開始。丼じゃないので、手のひらがチクチクして痛いという(汗)
 海では1人のサーファーがサーフィンの練習中でした。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---認知症と散歩(外出)の効果---

 夕方のエサやりで、散歩中の高齢のご婦人とお話ししましたが、「私と話したのが、今日はじめての会話」とかで(汗)。 最近、夕方の散歩を始められたそうで「水鳥と夕日を見るのが楽しみ」とのことでした。

 高齢になるにつれ、知人が亡くなり話相手も消滅。外出なしで、家でテレビとの生活の人が激増。テレビといえば、反日放送ばかりですからね(汗)
 外出して景色や花、生き物を見ると脳が活性化されます。また、散歩だけでも、下半身の筋肉が少しついて、全身の血液の循環も良好になります。

 近年、全国的に「ウォーキング」が大ブームです。でも、高齢者の方が一足飛びにウォーキングをするのには無理があります。
 まずは、初歩的な歩く力をつけるための「散歩」から始めるのがベターでしょうね。

 近所の人とあいさつを交わしたり、景色を眺めながらゆっくり歩くことでストレス解消やリラックス効果が期待できます。

 散歩は脳の活性化と体の健康の両方を達成できるので、認知症や寝たきり対策にも有効です。
 できれば、複数のコースを使い分けて、それぞれに楽しみのポイントを設定できれば効果が上がり、長続きします。

 私のウォーキング(大半がヤギ餌採取も兼ねる)も、7コースほど用意して、それぞれに楽しみのポイントがあります。また、四季折々で景色もかわりますから飽きることはありません。



高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする