■高須院長、全身ガン告白 ■バナナだよ〜

  • 2018.09.29 Saturday
  • 00:18

★★高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿★★
末期ガン  ダイエットバナー05 
 
ブログ じげ風呂 ホームページ

 インスタ ユーチューブ

 区切り線



== 水鳥暮らし==宇田川 河口 (鳥取県米子市淀江町)==
 可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
  ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
  ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。
私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?

9月28日(金曜日)の曇り時々晴れの宇田川の河口に降りて水鳥達にエサやり。
 川鵜が0羽。ウミネコが80数羽。オオセグロが1羽。ハトが1羽、トンビが2羽

 寝過ごして昼過ぎからヤギ餌採取に出動(2日に一度)。海岸の雑木林の中でアシナガバチの巣を発見。そういえば、今年は3月に1度刺されただけで、あとはセーフ(去年は100回以上刺されました 涙)。
 体の若返り効果で、動きや反射神経が鋭くなっているせいですね(たぶん)。

 いつものように1頭あたり5〜7kgの雑草&雑木を採取。明日から2日間は台風24号の雨で出動できないので、丸合スーパーでオヤツの半額バナナを調達して、1頭あたり2〜3本を与えました。

 カルガモは姿を消しましたが、とうとうオオセグロカモメが1羽だけですが、姿を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆健康・ダイエット・長寿オタクの"トリ仙人"◆◆◆
---高須院長、全身ガン告白---

 高須院長が、9/28にツィッターで
 「僕は何ヵ所も癌があります。樹木希林さんと似たものです」
 と、全身転移ガンを告白。
 治療としては「抗がん剤」治療を受けているとか。

 「う〜〜ん」、抗がん剤ですか(汗)
 高須院長ほどの財力があれば、免疫療法剤の開発を依頼するとか、米国で免疫療法の治療を受ければ10年以上は長生きできると思うのですが(汗)。 こればっかりは本人の選択ですからね。

 樹木希林さんは、「抗がん剤は効かない(延命効果、生活の質の向上に効果がない)」事を知っていて、2013年に「ガンの全身転移(末期ガン)」でも、抗がん剤治療は拒否して、放射線4Dピンポイント治療(鹿児島)だけを5年間受けました。頻度は1年半に一回(20分程度)の簡単な照射です。
 樹木希林さんの直接の死因は「友人宅で転倒して大腿骨骨折で緊急入院し一時危篤」による状態の悪化ですからね。

 アメリカの厚生省「手術後の抗がん剤使用について、延命効果、生活の質の向上に効果がない」 
 日本の国立がんセンター「高齢者には抗がん剤は効果なし

 今は、オプジーボなどの免疫療法剤がどんどん開発されていて、数年後には抗がん剤の出番は激減ですね。
  ⇒ ■末期ガンを制圧する三つの矢



高免疫力(整腸・快便)と有酸素ダイエットで健康長寿

末期ガン ダイエットバナー05 

運動  快便 

長生きの秘訣 

 ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」
  とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。


夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

区切り線
 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口
 コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機。  
 前篇 後編
 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集
  ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト
  ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト

注) エサやりタイム⇒  主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 
   ★水鳥達の保護のため鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする