■自己免疫力を高めて、カゼ&インフル撃退〜 ■踊るウミネコ300羽

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 09:46

 

 風邪とインフルエンザが猛威をふるってますね。

 地方移住で「風邪引いたらどうしよう」という恐れから解放されたイケダハヤト師匠。

 私の場合は、風邪かな? という時点で

  ★体幹トレーニング+スクワットを3分程度⇒ 水分補給。⇒部屋を暖める(体の外から)⇒ 発砲ビール(250cc)で体の中から温める

 という一連の風邪対策セットで、ほぼ100% 完治しますね(汗)。

 

 風邪もインフルエンザも、ほぼウィルスが原因で、ウィルスを殺す薬はナシ(汗)。インフルエンザの場合はタミフルなどの大量投与で、免疫力を高める方法しかないのが現状ですね。

 私のように、日々「新種の鳥インフル」の洗礼を受ける人間は特殊例で参考にはなりませんが、とにかく「自己免疫力を高める」ことが、インフルやカゼに打ち勝つ一番の対策。

 

 免疫力は体温が1℃上がると、瞬間的に最大5〜6倍アップする(連続的には60%アップ)といわれています。
 免疫力を高める方法は、体温を少し上げる事。あまりにも体温を上げ過ぎると脳がヤバクなるのでダメですけどね。

 また、インフルの高熱はある程度は下げないと、脳がヤバくなりますが、下げ過ぎは自己免疫力が働かなくなるのでダメ治療の見本ですね。また、ほかに対策がナイこともありますが、タミフルなどは「異常行動の発生」がささやかれてますね。

 

自己免疫力を高める方法

 ★体温を少し上げる

   体が冷たいと、免疫をつかさどる細胞や酵素はうまく機能しない  といわれています。

 

 ★ウォーキングなどの適度な有酸素運動の継続⇒ 免疫力が数倍に

 

 ★この後の方法は次回(汗)に〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

== 水鳥暮らし==宇田川 河口=鳥取県米子市淀江町=

 2月21日朝の積雪は、大山の北10kmの浜辺・淀江町(米子市)の積雪は 0cmでなくなりました〜。 そして、大山の積雪は、166cm(汗)。智頭町も積雪 38cm で、減少中。また、鳥取市が1cm、消滅寸前すね。

 昨日2月20日夕方の宇田川河口。雨後曇りも、この後すぐに強風と高波が襲来して大荒れの天気に激変。

 ■高波と踊るウミネコ300羽
 高波でプチ荒れのせいか、ウミネコ(オオセグロも)の数は300羽超え(汗)。しかも、河原が高波で水没したため、大半が空中でホバリングしてエサ待ち。エサを投げるたびに踊るように上下。

 

 

 

 

◆カンパ企画 「愛犬の首筋に歯を立て  第1章 過去へ」/歴史冒険ファンタジー・電子小説

-------------------------------------------------------

コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、時間により、川鵜やカルガモも待機。
水鳥との癒され動画 ⇒ Udauda-Swan

 

 

 

実は、淀江〜大山町を舞台にした電子小説を書いてしまったのです〜(汗が100回)
⇒ 電子書籍: マーヤとアラシ (邪馬台国の使者)

注) エサやりタイム⇒ 主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。 日により [ お昼前後 ] もアリです。
★水鳥達の保護のため「鳥取県の河川使用許可」を得ています。

コメント
コメントする