■インフル新薬、緊急認可 ■水鳥の王の帰還 ■県の清掃チームが大活躍

  • 2018.03.09 Friday
  • 23:53

 ⇒ 過去記事一覧 (健康ダイエットと水鳥暮らし by 淀江町)

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村  

食事(食材)で低体温脱出   ⇒ [高免疫力] 10分 強化ウォーキング  ⇒健康ダイエット

長寿菌と遺伝子オンで   ⇒ ピンピン100歳  この日本を作ったのは誰?  邪馬台国の使者/マーヤとアラシ

 

 ブログ 水鳥暮らし   ブログ じげ風呂    H P 夢の国 淀江

 

インスタ 水鳥暮らし  YouTube動画 水鳥暮らし

 

 

 

 

鳥取県の清掃チームが大活躍
 年明けから
   ̄田川の河口の清掃
  宇田川の両岸の淀江海岸の清掃(重機投入)
  M箙廠ご澆遼鰭林の雑草と雑木刈り取り・・今日3/9
 と、怒涛の淀江町の海岸部の美化が行われていて、感謝というかビビリます。
 淀江海岸(弓ヶ浜全域)の清掃はこの法律ですね。⇒ ★海岸漂着物処理推進法


画期的なインフル新薬、緊急認可
 インフルの増殖を抑える画期的なインフルエンザ新薬の「ゾフルーザ」(塩野義製薬)が、5月の予定を緊急前倒しで認可されて3月14日から保険適用へ。1回飲むだけでOK、24時間後にはインフルが治るという手軽さと即効性に期待がかかりますね。

 同剤は、世界に先駆けて日本で承認取得を目指す革新的新薬の審査を早める「先駆け審査指定制度」の対象品目で、昨年10月の申請からわずか5カ月での発売へ。
 タミフルよりも効果が広く、AやB型だけでなく、鳥インフルエンザウイルスへの効果も確認ずみ。

 

 

 

 

== 水鳥暮らし==宇田川 河口=鳥取県米子市淀江町==

 3月9日(金曜日)の強風で曇りの宇田川の河口に降りて水鳥達にエサやり。
 (メスのコブ白鳥のヒミコは天国に召されました・・2月8日の午後2時30分)
 (オスのコブ白鳥のキタローは、2月20日の朝に淀江町・宇田川から飛び去ってゆきましたが2月23日に帰還)

 コブ白鳥1羽とドバト6羽がのんびり。川鵜0羽とアオサギ0羽が待機中。ウミネコは 30数羽。オオセグロが数羽トンビ1羽。カルガモは2羽。ハクセキレイが2羽。

 キタロー(オスのコブ白鳥)の姿が河口から消失。とうとう動きだしたのか。
 ということで、午後からヤギ餌採取をかねて宇田川をさかのぼりました。そして、中流のヒミコと生活していた場所でキタローを発見。気持ちよさそうに羽づくろい中でした。水鳥の王の風格ですね。

 

 

 周辺には「オオバン」の群れがいて、ミニ湿原のあるこの地で繁殖中。オオバンは年に2〜3回も産卵して1回に13個近いタマゴを産むのでネズミ算式に増えてゆきます(汗)。去年はじめあたりから淀江に住み着き淀江漁港にも進出中で楽しみですね。

 

 

 近くの道路際には桜の木があり、つぼみがたくさん。来週は20℃を越えるので葉がみられるカモ。

 

 

 

★★ 「健康長寿ダイエット 100歳でピンピン」を実現する◆食事、運動、長生きの秘訣

 

 

 *** ⇒ ★夢の国 米子(淀江)」のホームページ★ ***

 「ウダウダ・ランド」  淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口  コブ白鳥だけでなく、ウミネコ(オオセグロカモメも)や、川鵜やカルガモも待機

 

食事(食材)で低体温脱出   ⇒ [高免疫力] 10分 強化ウォーキング  ⇒健康ダイエット

長寿菌と遺伝子オンで   ⇒ ピンピン100歳  この日本を作ったのは誰?  邪馬台国の使者/マーヤとアラシ

  ★整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!」★  

 とにかく、ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。いろんな対策の試行錯誤の末、とうとう「完全に整腸・快便(高免疫力)に到達!!」。

 チョビ人気のネット・カンパサイト「Kampa!」で、水鳥達のエサをカンパ募集  

 ⇒ ★コブ白鳥のエサのカンパ・サイト  

 ⇒ ★川鵜のエサのカンパ・サイト  

注) エサやりタイム⇒ 主に [ 夕方〜日暮れ ] まで。  ★水鳥達の保護のため「鳥取県の河川使用許可」を取得。

コメント
コメントする