「智頭のクマGPSと四国のクマ」 世界最先端の対策

  • 2020.06.11 Thursday
  • 17:29

画像1

 ブロガーの「やまさとさんの智頭のクマ物語」の記事でビックリしました。大麻の故郷?「八河谷」にクマが出るとか(汗)

 智頭にクマが出るのは知ってましたが、私がビックリしたのは、智頭町が行う「世界最先端のクマへのGPSチップ埋め込み」の取り組みです。捕獲したクマにGPSチップを埋め込み、山に放し生態調査することは、クマの被害低減にも大きな力になりますからね。
 奥ゆかしい?智頭町が、そのことをナイショにしていた理由とは? この様子では、全国の先進自治体でも、ひそかにGPS装着は進んでるかもですね。

 これで思い出したのが「四国の剣山のクマへのGPS首輪装着活動」。
クマの存在は、観光に響くのでニュースでは報じられませんが、実は四国・剣山周辺のクマの実在もネットの書き込みで知ってました。

 その四国・剣山周辺でのクマの生態調査から、数十頭のクマの生存が確実化。そのクマの生態調査に使用されるのがGPS首輪。2012年から開始ですから、こちらも世界最先端の取り組みが素早いですね。
 ★四国発、装着完了! 3頭のクマにGPS首輪を付けました


 四国の山奥育ちの私の本音は「四国のツキノワグマは現状維持or絶滅してほしい」です(汗)
 ★GPSを使ってサルなどの農作物被害が激減
野生のサル(メス)をワナで生け捕りにし、発信器をつけて放獣します。メスは群れに戻りますので、受信機で追跡して群れが人家周辺に接近したら威嚇射撃で追い払い、人里を恐れるように学習させる、という追い払いシステムですね。
 

 〃鮃な食生活の構築
   ➡ ■美味しくて楽な「健康ダイエット食事法」
 健康な運動習慣
   ➡ ■IQ180の「楽勝!運動ダイエット」
 A躪臈な健康習慣
   ➡ ■"美肌の健康ダイエット" 「肥満や糖尿病」から緊急脱出!
 い泙澄▲魯欧簀毛でウロウロしてるの?
   ➡ ◆高齢者(67)も「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

画像6

画像14

画像15

 

「北ミサイル」 無力な日本は"9条ダンス"で命乞い

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 15:15

画像1


 北はミサイルを日本へ打ち放題。移動式や潜水艦発射式ミサイルを所持ということは、現時点の中距離弾道弾を貨物船や潜水艦に積み込めば、米国本土への大量核攻撃もOKということと同じ(軍事専門家たち)。
 70年前の日本軍でさえ、潜水艦から米国本土を攻撃したという歴史の教訓。

 米国も、他国(日本など)のために、兵士や莫大な戦力、資金の浪費は避けたいところ。米軍最高幹部たちも、北への攻撃は「大惨事を招く」からムリと公言しはじめましたからね。
 米国の主目的は、核弾頭の量産の阻止のための関連施設を破壊することで、ミサイル施設などの1,200か所の北施設の破壊は放棄した模様。
 ただし、日本が核攻撃されれば、これ幸いと新型の核弾頭や各種兵器を北へブチこみ、新兵器の実験場にするつもりでしょうね。

 日本がいくら防衛力を上げても、迎撃ミサイルの数が限られるので「気休め」程度(汗)

 無力な日本は、盆踊りの代わりに「9条ダンス」で北へ命乞い(もちろん闇の貢ぎ物は従来通り、北へ支払い)するくらいしか手はないかもね(汗)

 戦後の国連は、核保有の5大国(常任理事国)による世界を支配する仕組み。特に米ロ中は裏で談合していて侵略や戦争など好き放題。その他200数か国は、ただ恐喝され食われるだけのヒツジやウサギの群れ状態。

 私が有力政治家だったら、もうすでに、潜水艦にマルチ核弾頭を搭載させて、日本海と太平洋の深海底に展開させてます。
 日本にはマルチ弾道ミサイル技術や、核製造技術、核燃料(高濃縮プルトニウムやウラン)製造技術もありますから、決断さえすれば簡単です。

 やはり、歴代政治家達の無能ぶりが歴然ですね(汗)

    ➡ ■アメブロ「不健康老人の若返りダイエット日記」

画像1

画像14

画像6

画像6

画像6

 

「買い物難民」 "とくし丸"がネットスーパーを駆逐

  • 2020.05.23 Saturday
  • 20:52

画像1

  全国の地域スーパーと提携した、移動スーパー「とくし丸」 のネットワークが急拡大し、あらゆるネットスーパー(大赤字)を駆逐中とか(汗)

  日常の買い物に不自由している人たちが激増し、社会問題に。いわゆる「買い物弱者(難民)」と呼ばれる人たちですね。その解決策として徳島で生まれた「とくし丸」という移動販売の仕組み 。 地域のスーパーと契約して、地区ごとに週2回個人宅の玄関先に専用の小型トラックで訪問する。

  ドライバーは、とくし丸から研修を受けるが独立しており、スーパーはとくし丸からドライバーを紹介され、商品を提供して販売してもらう。利益は三者であらかじめ決められた割合で分配し、売れ残りはスーパーに戻すのでドライバーの負担にならない。

  移動スーパー「とくし丸」は、軽トラックを使用してそのコンパクトな荷台に積み込んだ商品は、約400品目、約1,200〜1,500点 と搾りに絞った、 おばあちゃんたちの「コンセルジュ」

 個人商店の半径300メートル以内では営業しない。 地域のインフラを壊さない大切な配慮もされてますね。

 ⇒ 「買い物難民」をサポートするために誕生した移動スーパー・とくし丸

  代表住友達也氏は、1981年に徳島県でタウン雑誌『あわわ』を立ち上げ、県内で絶大な人気を誇る一大メディアに育て上げた人物。

  徳島の中山間地域で暮らす自身の母親と周辺住民が買い物難民化していたことから、大きな社会問題であり、同時にビジネスチャンスだと捉えた住友氏のアンテナの鋭さと実行力に絶句ですね。目が優しすぎます。

 ⇒ 全国の提携スーパー一覧  鳥取県が1社と少なすぎ〜(汗) 

 ⇒ フクヤ(舞鶴)でのスタッフ紹介と御用聞き

 

 ➡ ■アメブロ「不健康老人の若返りダイエット日記」

画像1

画像14

画像4

画像5

画像6

 

フォロワー"1万7千人!" / "無名&無料"でnoteフォロワー数トップへ

  • 2020.05.23 Saturday
  • 17:31

画像1

 とうとう、フォロワー数が「1万7千人!」へ


 ➡ ■アメブロ「不健康老人の若返りダイエット日記」
----------------------------------------------------

 無名で金欠の私(トリ仙人)の「noteのつづけ方」は、
"無名&無料(金欠)"でnoteフォロワー数トップを目指す!
 という不可能(無謀)への挑戦。

 記事を毎日2〜4件程度投稿するものの
7/12の時点で、

フォロワー数は 132人 という底辺note(汗)
 

 有料の方法なら、急速にフォロワー数をアップする手法はあるのですが、ネット仕事の合間の生き物ボランティアのエサ代ねん出で鉄板のド金欠(汗)。
 ⇒ ◆淀江の生き物ボランティア日記
 ⇒ ◆ユーチューブ(淀江の生き物ボランティア)

 そこで、得意のググリで情報を集めて多数の有効と思える対策を立案。元開発技術者ですから慣れています。

⇒ ◆"noteのフォロワー数"をイッキに増やした方法


 そして、それらの無料の対策を実行した7/13以降は、怒涛の急上昇
平均して毎日100人のフォロワー数の増加が続き
2か月後の9月上旬には、フォロワー数は5,500人とランクも500位台へ。
 なんとフォロワー数は約40倍へ

5カ月半後の12月22日には、フォロワー数は17,000とランクも272位へ。
 note会員数150万人のなかでのnoteランキング 272位 ですから、無名のnoteブログとしては、出来すぎかもですね(汗)

 なんと

  フォロワー数は約128倍へ。
 

⇒ ◆"noteのフォロワー数"をイッキに増やした方法

画像1

画像2


 で、この時点で気づいたのが、noteランキングで、今を時めく人気絶頂声優の「はるかぜ(春名風花)」様(18歳)を、私ごとき「チョー無名でド金欠の トリ仙人」が明日には抜いてしまうかもということ。ただ、それだけなんですが(汗)
 とはいえ、「はるかぜ(春名風花)」様はnoteの順位なんて、その気になれば簡単に急上昇できるので・・(汗)


 無名でド金欠の私(トリ仙人)の「noteのつづけ方」としては、とにかく
■「私が体験した本当に役に立つ記事や面白い記事
 を提供し続けられるかどうかですね(たぶん)。

⇒ ◆"noteのフォロワー数"をイッキに増やした方法

 

    ➡ ■アメブロ「不健康老人の若返りダイエット日記」

画像1

画像14

画像14

画像8

画像6