子供っぽさを残す人ほど高知能(幼体進化 ネオテニー)

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:22

画像6

 

 生後2週間の赤ちゃんヤギ達2頭はスクスクと成長中。30分ほどプチ放牧すると、まるでバンビのように軽快に走り抜けていました。

画像1

 

 人間やチンパンジー、アカゲザルの脳の分析で、子供っぽさの期間が長いほど「高知能」になる、幼体進化(ネオテニー)を確認。

 また、恐れを知らぬ中国の科学者たちが「アカゲザル」の脳に人間の遺伝子を移植」して「猿の惑星」の実験を敢行(汗)。
 その結果からも、子供っぽさの期間が長いほど「高知能」になる、(幼体進化 ネオテニー)を確認。

 また、人類は3種族に分類可能。
「ネグロイド(黒人)、コーカソイド(白人)、モンゴロイド(黄色人種)」

 最も子供時代が短いのはネグロイド(黒人)。その次はコーカソイド(白人)。
 そして子供時代が長く最も高度に進化したのがモンゴロイド(黄色人種)。
 中でも日本人の幼体進化(ネオテニー)レベルは高く、進化段階は最高級ランクに分類されます。

 つまり、コーカソイド(白人)から見て、日本人は子供っぽいというのは、幼体進化(ネオテニー)のせいです。
 それが日本人は素直で、隣国のような心のねじ曲がった人が少なく、外国人観光客から称賛される理由ですね。

 

 〃鮃な食生活の構築
   ➡ ■美味しくて楽な「健康ダイエット食事法」
 健康な運動習慣
   ➡ ■IQ180の「楽勝!運動ダイエット」
 A躪臈な健康習慣
   ➡ ■"美肌の健康ダイエット" 「肥満や糖尿病」から緊急脱出!
 い泙澄▲魯欧簀毛でウロウロしてるの?
   ➡ ◆高齢者(67)も「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

 

メタボ(肥満や糖尿病)解消は簡単♪ 体質改善でガンや動脈硬化、ボケの不安解消!!
 
 
   
   
   
   

 

昆布(フコイダン)で、髪が生えた(FGF-7)

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:20

 都市伝説のように言われていた「昆布」を食べると髪が生える。

実は本当に昆布(フコイダン)を食べると髪が生える事が判明。

 昆布などのぬめりの主成分のフコイダン
昆布を食べるとそのフコイダンの作用で、FGF-7(毛髪成長因子)が大きく増加することが判明。

 FGF-7(毛髪成長因子)
毛母細胞を増殖
▲吋薀船鷓挧α殖因子(KGF)とも呼ばれていて、髪の主成分のケラチン(タンパク質)の生成を助けます。

 FGF-7(毛髪成長因子)の塗布テスト(人間)で、顕著な発毛効果(毛の量と太さ)と顔の皮膚の若返り効果が得られています。

 昆布の中でも函館近海だけで採取される「ガゴメ昆布」が最も発毛効果がありますが、普通の昆布でも、その1/3程度の発毛効果があり、私の場合は、昆布(とろろ昆布)を毎日摂取しています。

 

 

67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

 

メタボ(肥満や糖尿病)解消は簡単♪ 体質改善でガンや動脈硬化、ボケの不安解消!!
 
 
   
   
   
   

 

 

軽い運動主体で「ウェストくびれ」

  • 2020.01.23 Thursday
  • 19:18

 まん丸と太りすぎの登クン(3歳オスヤギ)。1歳の時に1年間、他所に貰われて行って極貧生活を体験。再度帰ってきたときはガリガリに痩せて悲惨な状態でした。
 今は毎日パクパク食べて、ごらんのとおりブタと見分けがつかないほどです(汗)

画像2

 

 私は、メタボ(肥満)から糖尿病と高脂血症を宣告され、全力で3カ月で克服したものの、その数年後には動脈硬化からのプチ脳梗塞を発症(汗)。
 心機一転、整腸・快便対策と、血液サラサラ&血行促進対策で動脈硬化体質から脱却(たぶん?)。

 これらのダイエットの連続で、顔(頬)が痩せて(ゲッソリ気味)、見るからにガンの顔(汗)。

 そこで、頬をフックラ(顔ヤセ防止)させるために、ダイエットを軽めにしましたが、ウェスト/身長 の比率が0,5以上(0.53)になってしまい、約10年短命という予測が(汗)。
 ウエスト周りが身長の80%に達すると「寿命が17年も縮まる」との恐怖の調査結果も出ています。

 で、顔ヤセ防止しながらのウェストくびれ作りにとりかかったわけですが、ダイエットは強化できないので、運動系主体でウェスト絞りにとりかかりました。

 開始して1週間で、予想外にウェストが増加して(汗)。
つまり、内臓脂肪が減るスピードより、お腹の筋肉の増加スピードが大きかったみたいです(汗)。

 その後1カ月経過して、ウェストは最初からは4cmの減少ですが、見た目でもかなりクビレてきています。

 その具体的内容は7項目です。

 

 ➡  ■軽い運動主体で「ウェストくびれ」

 

 

 〃鮃な食生活の構築
   ➡ ■美味しくて楽な「健康ダイエット食事法」
 健康な運動習慣
   ➡ ■IQ180の「楽勝!運動ダイエット」
 A躪臈な健康習慣
   ➡ ■"美肌の健康ダイエット" 「肥満や糖尿病」から緊急脱出!
 い泙澄▲魯欧簀毛でウロウロしてるの?
   ➡ ◆高齢者(67)も「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

 

メタボ(肥満や糖尿病)解消は簡単♪ 体質改善でガンや動脈硬化、ボケの不安解消!!
 
 
   
   
   
   

ベーコン2切れで、ガン20%増加

  • 2020.01.23 Thursday
  • 19:14

画像14

 

 宇田川河口(淀江町)の護岸道路で近所のご夫婦の方と話していると、突然、私の真横のガードレールに、ウーちゃん(川鵜)が飛来着地(汗)。
 もちろん、すぐに用意したシロハタを与えました。赤身肉じゃなく健康な魚です。
 最近のウーちゃん(川鵜)は、私をストーカーしてますね。

 

 赤身肉や加工肉(ベーコンやハム、ソーセージなど)のガン発症が、国連を含め至るところで警告のオンパレードです(汗)

オックスフォード大学(イギリス)で、50万人分のデータを、6年にわたって分析。
 その結果、ベーコン2切れ(約50g)多めに食べると、大腸がんの発症率が20%増加することが判明。

 加工肉(ベーコンやソーセージなど)は、塩蔵、乾燥や燻製処理をされ、その塩分と多数の化学物質(保存料)の添加がガンの原因となります。

 [キッチンの殺人鬼? "ベーコン"]
 WHOの勧告によると、ベーコンやハム、ソーセージ、ビーフジャーキーなどの「加工肉が最悪レベルの発ガン物質」と認定されました。
 発がん性を5段階で評価しており、加工肉を最高レベルの「グループ1」に分類。
 毎日50gの加工肉を食べると、大腸ガンのリスクが18%増加するとか。
 「グループ1」の発ガン物質としては、タバコ、排ガス、アスベストなどがありますが、それらと同等との評価ですね。

 食生活でがんになりやすい習慣
塩分の過剰摂取 (加工肉や塩蔵食品など)
野菜や果物をほとんど食べない
ハムやソーセージなどの加工肉や赤身肉を良く食べる
熱い飲食物を良く摂取する

 

 

ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"

 

 〃鮃な食生活の構築
   ➡ ■美味しくて楽な「健康ダイエット食事法」
 健康な運動習慣
   ➡ ■IQ180の「楽勝!運動ダイエット」
 A躪臈な健康習慣
   ➡ ■"美肌の健康ダイエット" 「肥満や糖尿病」から緊急脱出!
 い泙澄▲魯欧簀毛でウロウロしてるの?
   ➡ ◆高齢者(67)も「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!

 

メタボ(肥満や糖尿病)解消は簡単♪ 体質改善でガンや動脈硬化、ボケの不安解消!!